ブラジルの最高の女性プロサーファーは、「モデルのように見えない」ため、スポンサーを獲得できません。



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

シルヴァーナリマはBBCのビデオで次のように述べています。「女性に関して言えば、[サーファーブランド]はモデルとサーファーの両方を望んでいます。ですから、モデルのように見えないと、スポンサーがいなくなってしまいます。それが私に起こったことです。」

シルヴァーナリマは、ブラジルで最高のプロサーファーと広く見なされています。それでも、彼女はキャリアを通じて、自分の仕事に資金を提供するスポンサーを見つけるのに苦労していました。 BBCによるこのビデオでは、女性アスリートに課せられた不公平な美しさの基準が、アスリートが自分のスポーツで卓越することに集中することを困難にしていることを説明しています。上のビデオを見て、彼女の話や、成功したアスリートになるために戦ってきた女性の他の話を聞いてください。

RemezclaのSilvanaLimaに関する記事全文をここで読んでください。


イットガール、レティシア・ブフォーニのインタビュー

これを共有:

この問題について一連のインタビューを行った後、私は今、女性または女の子のスケートボーダーであることは、地球上で最もパンクなことだと確信しています。現在、私たちのサブカルチャーの理想を具体化するものはありません。現状への反抗、DIYの個人主義、あらゆる可能性に逆らってスケートボードに乗る決意など、エストロゲンのレベルを上げて行うほど簡潔です。それでも、ピックアップトラックで地元の縁石を運転しているときに、ジョックがあなたに「スケートか死ぬか」と叫んだことを望みますか?女の子のスケーターは、仲間のスケーターからでも、それをまだ得ています。ハンセン病に近い状態の社会的追放者であることを見逃していませんか?女性のスケートボーダーは、彼らが乗っている会社のツアーに招待されることすらありません。小さなジョニーに「勝つ」ように指導する「スケートのお父さん」が嫌いですか?レティシア・ブフォーニのお父さんは彼女のボードに焦点を合わせ、スケートボーディングは男の子向けだと言いました。
私のリストの最後のインタビューであるレティシアは、束のロックスターになるはずでした。イットガール。安全な/企業が支援するものを選択しました。業界が指摘し、「ほら、私たちは女性のスケートボードをサポートしている」と言うことができるもの。それでも真実は、彼女もまた別のターミナルスケートラットだということです。彼女は、他の女の子がやらない場所で、他の誰も自分がすべきだとは思っていなかったにもかかわらず、スケートボードに乗ることを選び、業界のスクラップを手に入れるためにあらゆる段階で歯と爪を戦いました。彼女の父親は、彼の名誉のために、最終的に彼の見解を変え、娯楽に恋をしましたが、ブフォーニはまだすべての正当な理由でスケートをしています。彼女は止まらないのでスケートをし、他の人の考えを気にしません。
写真投稿者 ロベルトアレグリア

新着情報?
私はたくさん旅行してきました。狂ったように。しかし、私は今、一部を撮影しようとしています。私は1ヶ月半前のように15日間スペインにいて、何かを手に入れました。だから私はまだそれに取り組んでいます。年末に向けて何かをリリースするかもしれません。外出して撮影する時間を見つけるのは大変でした。

あなたはおそらくコンテストだけで多くのことが起こっているでしょう。
ええ。たくさんの旅行。私は家にいません。私は3日、4日のように家に帰り、それからまた旅行します。

ボードスポンサーフロント、あなたは今プランBにいますか?
プランBからボードを入手して約1年になります。私は何かを撮影しようとしています、そして彼らがそれを使いたいかどうか見るつもりです。私が何か良いものを撮れば、彼らはそれを使うかもしれないと思いますが、見てみましょう。まだわかりません。

まだプロボードを持っていませんよね?
いいえ、まだです。私は流れています。プロボードを手に入れるのは大変です(笑)。しかし、彼らは私が何か良いものを撮影した場合、おそらくチームで私を発表し、そこからそれを取るだろうと私に言いました。

それは乗り込むのに重いチームです。
ええ。私はみんなと友達なので、かっこいいです。私はトーリ[パドウィル]、フェリペ[グスタボ]、ライアン[シェクラー]、[クリス]コール、そしてみんなと本当に良い友達なので、いつかチームに参加するのはクールです。

「最初、私の父はスケートボードがまったく好きではありませんでした。彼はそれが女の子ではなく男の子のためだったと言っていました。彼は私のボードを一度壊した。半分に壊したように。」

スケートボードを始めたきっかけは何ですか?
私の友達は約13年前にブラジルの私の通りでスケートを始めました。以前はサッカーをしていたのですが、スケートをしているのを見たので、やってみたいと思いました。その時試してみましたが、やめられませんでした。初めてボードに触れたとき、私は恋に落ちました。約3、4か月後に全員が辞め、スケートを続けたのは私だけだったので、おかしいです。

最初は他の女の子がやっているのを見ましたか?
それをやっていた最初の3か月は、スケートボードについて何も知りませんでした。私が知っていた唯一のことは、ボブ・バーンクイストとサンドロ・ディアスがいつもテレビに出ていたということでした。私は父と一緒にそれらを見ていました。それからある日、友達の一人が私にDVDをくれました ヴィラヴィラコーラ [2004年はどこにも速く行きません]。女子スケートの動画です。エリッサスティーマー、エイミー[キャロン]、ヴァネッサ[トーレス]、その他すべての女の子のようです。それから私はそのビデオを見始めました、そして私はちょうど「うわー、私は女の子がそんなに上手にスケートできることを知りませんでした」のようでした。それは私が今まで見た最初のスケートビデオの1つでもありました。

その後、他の女の子とスケートをするようになりましたか?
私の街では、私だけがスケートをしている女の子でした​​。それから私はスケートパークに行き始めました、そして私はスケートをしたブラジルで何人かの女の子に会いました。それから一年も経たないうちに、コンテストに出場し始めました。すべてが超高速で起こりました。

これを作りたいと思ったことはありますか キャリア、またはそれはちょうど起こったのですか?
それは自然に起こっただけです。いつかお金を稼ぐとは思ってもみませんでした。

ご両親は協力的でしたか?
最初、父はスケートボードがまったく好きではありませんでした。彼はそれが女の子ではなく男の子のためだったと言っていました。彼は一度も私のボードを壊しました。半分に壊したように。彼は私にもうスケートをさせたくなかった。それから翌日、私は新しいものをセットアップしました。友達から新しいボードをいくつかもらいました。父は私が新しいボードをセットアップするのを見たとき、「ああ、男。私にできることは何もありません。彼女は止まらないでしょう。」その後、彼は私にスケートをさせてくれました。私のおばあちゃんは私を大いに助けてくれました。彼女は私に私の最初の新しいコンプリートをくれて、私に靴を買っていました。父はついに私を最初のコンテストに連れて行ってくれました、そして彼はスケートボードに恋をしました。それから彼は最大のファンのようになりました。彼は私と一緒にすべてのコンテストに行きました。彼はXGames ['07]のために初めてカリフォルニアに来ました。

くそー。それはラッドです。彼はあなたのボードに焦点を合わせて申し訳ありませんと言ったことがありますか?
ええ。たぶん一年後、彼は「自分が何を考えていたのかわからない」と言ったのでしょう。彼は今はスケートをしていませんが、スケートの最大のファンです。

アメリカに来たとき、女の子のスケーターの扱い方に違いがあることに気づきましたか?
全く違いました。当時のブラジルでは、スケートをしている女の子はあまりいませんでした。 2007年にXGamesに参加したとき、エリッサ、エイミー、ヴァネッサ、レイシー[ベイカー]の全員に会いました。私は彼らをとても尊敬していたので、彼らに会うことができました。しかし、それはブラジルとはまったく異なっていました。ここに行くすべてのスケートパークでは、女の子がスケートをしているのが見えます。ブラジルではスケートをする女の子が増えて大きくなっていますが、当時はほとんどありませんでした。今、より多くのスケートパーク、より多くの広場、そしてより多くの女の子がいます。

あなたが家に帰るとき、あなたは今星のようですか?
ええ(笑)。レストランやショッピングモールなどどこでも。私はブラジルで自分のテレビ番組を持っています。ショーを始めた後、私はそこで大きくなりました。以前、私がスケートパークにいたら、スケートをしているので多くの人が私を知っていました。でも今は、ショッピングモールや街頭の人でも、スケートをしない人はテレビ番組で私を知っています。

あなたのショーを見た後、たくさんの女の子がスケートを始めるでしょう。
ええ。ソーシャルメディアでは、男性からも、私を見たのでスケートを始めたというメッセージがたくさん届きます。それはおかしいです。

過去1、2年の間、ビキニや裸などでポーズをとるという、ある種の二重の役割を受け入れてきたようです。あなたはその側を受け入れるという意識的な決断をしましたか、それともあなただけですか?
「写真撮影をしたいですか?」などの雑誌に掲載するオファーをもらい始めました。スケートボードではなく、スケートボードの外から。私が最初のものをした後、私はそれが好きでした。私はそれをするのが好きでした。楽しかったですよね?だから私は写真撮影をします。多くのスケーターがそうするわけではないので、多くの人がたわごとを話すことを知っていますが、私はそれが好きなのでそうします。スケートボードの写真を撮るだけでなく、何か違うことをするのも楽しいです。スケートボードから得られるものはすべて、スケートボードだからです。私がモデルか何かだからではありません。ですから、人々が私に雑誌に載るように頼むとき、私はそれをします—私はそれが好きだからです。それは違います。私たちの世界の外でスケートボードを代表するのは良いことだと思います。

スケートボードをする人は誰でも、好きなことを自由にやりたいと思っています。だから私たちはスケートをします。あなたがそれをするのが好きなら、なぜですか?
ええ。私は多くの人がたわごとを話すことを知っていますが、私はそれをするのが好きです。私が私であるだけです。私がそれをするのが好きなら、他の誰かがそれを好きではないという理由だけで私はやめるつもりはありません。すべてに嫌悪感があります。あなたがそこですることはすべて誰かが嫌いです。

悪魔の代弁者を演じるためだけに、レイシーベイカーは、女の子のコンテストでの審査は、より「ガーリー」な女の子にいくらか偏っていると考えていると述べました。それは本当だと思いますか?
私はそれに同意しません。まったく違いはないと思います。スケートをしているときは彼らのような格好をしているからです。私はそれに同意しません。あなたは美しくてスケートをすることができ、あなたが美しいからといって高得点を獲得することはできないと思います。

この問題の少女/女性の多くは、経済的に生き残るのに苦労しています。スケートボードに乗っただけで生き残るのはかなり快適ですか?
ええ。私には私を大いに助けてくれるスポンサーがいます。私も今持っているものすべてを手に入れるためにたくさん働いています。しかし、私はそれを経験してきました。それは難しいことであり、スケートボードからお金を稼いでいる女の子はそれほど多くないことを私は知っています。そのことに恵まれていると感じています。私にはスポンサーがいて、コマーシャルやさまざまなものなど、スケートボード以外のあらゆることを行うことができます。

Alexis Sabloneは、男子側では、多くの男が実際にコンテストをスケートする必要がなく、それでもまともな生活を送ることができるという良い点を述べました。しかし、女の子にとって、あなたたちは競争しなければなりません、さもなければあなたはそれを成し遂げません。あなたはそれをあなたの視点から見ていますか?
ええ。残念ながら、そのようになっています。そして、立ち止まって考えてみると、競争せず、スケートボードで生計を立てることができる人たちは、私たちがコンテストに参加している間、他のことをするのに忙しいのです。彼らはビデオパーツの撮影、インタビュー、旅行、デモを行うことができますが、そのチャンスはありません。旅行やビデオパートの撮影にお金がなく、雑誌からのサポートもありません。今は大きく変化していますが、それが今までのやり方です。

完璧な世界であなたはまだ競争しますか?
つまり、私は競争するのが大好きです。しかし、私の好きなことは旅行と映画です。楽しいです。コンテストのプレッシャーが気に入らないだけです。あなたが知っている、あなたは神経質になります。終わったらいい感じです。しかし、コンテストの前の1週間、誰もが非常に緊張します。また、年に1つか2つのチャンスしかありません。 4つの停車地があるストリートリーグや、たくさんの停車地があるデューツアーとは異なります。彼らはお金を稼ぐチャンスが多く、良い仕上がりになっています。私たちはしません。年に1、2回のチャンスがあるので、それをうまくやらなければなりません。

オリンピックの質問につながるのはどれですか。ブラジルを争うとき、ブラジルはもっとストレスがたまると思いますか、それとももっと楽しくなると思いますか?
もっとプレッシャーがかかると思います。ストリートリーグはもう緊張しています(笑)。 1ヶ月くらいでもう緊張しています。全世界が見ているようなオリンピックを想像してみてください。気が狂うよ!しかし、私も興奮しています。スケートボードにとても良いでしょう。スケートボーディングはその後巨大になると思います。あなたの国を代表することも夢です。

あなたのボードを壊したあなたのお父さんにとって、彼をブラジルのオリンピックメダルに持ち帰ることはかなりクールでしょう。
[笑い]うん。スケートボーディングは学校に行かない人や犯罪者などのためだけのものだと今でも多くの人が考えています。今、オリンピックでスケートボーディングをすることで、多くの心が変わると思います。スケートボードの見栄えが良くなります。彼らがそれを変えないことを願っています。スケートボードのように、私たちは独自のスタイルを持っています。それはライフスタイルのようなものです。ですから、彼らが私たちの愛するものに忠実であり続けることを願っています。

10年後の女性のスケートはどこで見られますか?
過去2年間で、それは大きく変化しました。今、ますます多くの女の子がやってくる-若い女の子がリッピングしている。オリンピックの後、それはただ巨大になるだろうと感じています。私はそれがすべてを変えると思います。

最大の女性スケーターのインスピレーションがやってくる?
みんなを尊敬しました。私はそれらすべてのファンでした。私は彼らがスケートをするのを見て育ちました。しかし、私の一番のお気に入りはエリッサ[スティーマー]です。彼女は私の大きなインスピレーションです。彼女はスケートボードのためにたくさんのことをしました。彼女は最高だ。


BBCは、電力会社が消費者のデフォルトの選択肢として高価なグリーンエネルギーを採用してから4年後、スイスの消費者の80〜90%が依然としてグリーン料金を利用していることに興奮しています。

ジュディス・カリー博士の気候などから再投稿されました。投稿日:2021年3月7日投稿者curryja |ジュディス・カリーニュージャージーには海面上昇の問題があります。これはどのように管理する必要がありますか?ニュージャージーの半島…

WUWTをサポートするために寄付する

私たちの決意のマキシム

火に向かって歩きます。彼らがあなたを何と呼んでいるのか心配しないでください。」–アンドリュー・ブライトバート|続きを読む

ブログ統計

「…かけがえのない」 –スティーブン・F・ヘイワード、 ウィークリースタンダード

「…世界を変え、地球温暖化に最も影響力のある資源の1つです。 – Jonathon Moseley、 アメリカンシンカー

「…派手な(明らかに広く配布されている)」–マイケル・E・マン

ブックマーク

  • 1000以上の懐疑的な論文
  • 自然な側面の散歩–ジムスティール
  • AccuWeatherGWブログ
  • アメリカの象
  • アンドリューボルト
  • Appinsys
  • オーストラリアの気候の狂気
  • 自律的な心
  • ビショップヒル
  • ボブ・カーター
  • C3ヘッドライン
  • カーリン経済学
  • ジョシュによる漫画
  • クリストファーブッカー
  • 気候の深淵–ジョンニールセンギャモン
  • 気候監査
  • 気候変動101
  • 気候変動の派遣
  • 気候に関する会話–ニュージーランド
  • 毎日の気候討論
  • 気候デポ
  • 気候の進歩
  • 気候リアリスト
  • ノルウェーの気候リアリスト
  • 耐候性
  • 気候の正気
  • 気候懐疑論
  • 気候科学– Pielke Sr.
  • 気候懐疑論者
  • 気候ビュー
  • CO2サイエンス
  • Collide-a-scape –キース・クロール
  • カルテゾンネ死ぬ
  • 粘土を掘る
  • ノーマンペイジ博士
  • ロジャー・ピールケ・ジュニア博士
  • ロイ・スペンサー博士
  • ティムボール博士
  • エコトレタス
  • EU国民投票–リチャードノース
  • 科学の友
  • グリーンヘルブログ
  • 図書館に出没する
  • 氷帽
  • 国際気候科学連合
  • ジェームズデリングポール@ブライトバート
  • ジェニファー・マロハシー
  • ジョノバ
  • ジュディス・カリー
  • ルシアの黒板
  • Marcel Crok – De staat van het klimaat
  • マスターリソース
  • Moshtemp –スティーブ・モッシャー
  • NCDC Hi / Loレコードルックアップ
  • ニッチモデリング– David Stockwell
  • フラッキングコンセンサスなし
  • トリックゾーンなし
  • NYTドットアース–レブキン
  • データにおける私たちの世界
  • プラネットゴア
  • 本当の気候
  • scienceofdoom
  • 海面情報
  • 懐疑的な科学–ジョンクック
  • 小さな死んだ動物
  • SOHOソーラー画像
  • 太陽周期24ボード
  • オコジョ–コノリー
  • サーフェスステーションギャラリー
  • サーフェスステーションメイン
  • スーザン・クロックフォード– Polarbearscience
  • トールブロークのトークショップ
  • タミーノのオープンマインド
  • エアベント
  • チーフィオ–E.M.スミス
  • 宇宙の牙
  • デイリーバヨネット
  • GWPF
  • ホッケーシュティック
  • Lukewarmer’s Way –トムフラー
  • 次のグランドミニマム
  • 参照フレーム
  • トーマス・フラー– 3000quads
  • トムネルソン
  • 信頼するが検証する
  • UAHAMSUデイリーテンプ
  • ウォーレンマイヤー
  • ワーウィックヒューズ
  • 今日の天気写真
  • WFT –インタラクティブ気候グラフエンジン
  • ウィリアム・ブリッグス
  • 世界気候レポート

Twitterでフォローしてください

メールでWUWTをフォローする

ENSOメーター

ENSO / SSTページ

フィードミー

著作権表示

このウェブサイトの素材は、Anthony Wattsによる著作権©2006-2021であり、書面による許可なしに、個別に保存またはアーカイブしたり、再放送したり、再公開したりすることはできません。 (ミリアム・オブライエン、別名Hotwhopperの「Sou」を蹂躙している、つまりあなたです。)

許可については、お問い合わせください。ヘッダーの下にある[バージョン情報]> [連絡先]メニューを参照してください。

すべての権利は世界中で留保されています。

寄稿者からの一部の資料には、それぞれの会社または組織の追加の著作権が含まれている場合があります。


ナニー

ナニー は、1993年11月3日から1999年6月23日までCBSで放映されたアメリカのテレビシットコムで、ニューヨーク州クイーンズのフラッシング出身のユダヤ人ファッショニスタであるフランファインとしてフラン・ドレシャーが主演し、ニューヨークの3人の子供の乳母になりました。ヨーク-イギリスの高等社会。

  • フラン・ドレシャー
  • チャールズ・ショーネシー
  • ダニエルデイビス
  • ローレンレーン
  • ニコール・トム
  • ベンジャミンソールズベリー
  • マデリーンジーマ
  • レニー・テイラー
  • アン・モーガン・ギルベール
  • レイチェル・シャガール
  • フラン・ドレシャー
  • プルーデンスフレイザー
  • ピーターマークジェイコブソン
  • フランク・ロンバルディ
  • カリンルーカス
  • ロバート・スターニン
  • ダイアンウィルク
  • Sternin&Fraser Ink Inc. Productions
  • Highschool Sweethearts Productions(シーズン3–6)
  • TriStarテレビ(シーズン1-5)
  • コロンビアトライスターテレビ(シーズン6)

ショーは、ドレシャーとその当時の夫であるピーターマークジェイコブソンによって作成および制作され、クイーンズで育ったドレシャーの個人的な生活からインスピレーションを得て、親戚や友人に基づいた名前と特徴を取り入れています。ショーは、合計12のノミネートのうち、ローズドール[2]と1つのエミー賞を獲得しました。[3]ドレッチャーはゴールデングローブ賞とエミー賞に2回ノミネートされました。シットコムはまた、元のスクリプトに大まかに触発されて、いくつかの外国の適応を生み出しました。


スタブリッチリスト:2017年版

サーフィンで最も価値のある(そして十分に高給の)プレーヤーへのスタブのガイド

エコノミストは21世紀の20年を振り返り、ミクロ経済とマクロ経済の両方の傾向が業界の行動をどれほど徹底的に説明できるかについて述べます。

市場の見えざる手は、どんなにニッチなネックであっても、多くの業界の喉にあり、プロの競争力のあるサーフィンは、コテージのルーツに永遠に結びついていますが、主流にしっかりととどまるために永遠に引っ掻きます。私たちは、勝者がすべてを占める経済の時代に生きています。

2017年には、サーフのビッグ4の半分(Quik、Billys、Hurley、Rip Curl)が名簿に数えられ、100万ドルのサーファーではなく、トップとボトムのギャップが拡大していることを物語っています。

ハーレーのハワイアンプリンスの8年間、数百万ドルのサイコロの目は、他のほぼすべてのブランドからの保守的な削減と、より広く、後援された上位中産階級の天蓋のほぼ消滅とはまったく対照的です。

ジョン・ジョンは、リップカールが彼のライバルであるリッチリスト準優勝者であるガブリエルメディーナに支払っている金額のほぼ2倍、そして#3であるミックファニングの3倍の金額を支払われます。

サーフィンで最も価値のある3つのパーソナルブランド(デインレイノルズ、クレイグアンダーソン、ケリースレーター)が塹壕に戻ったため、彼らのより大きなブランド活動の影響と歩留まりを感じるのは困難です。彼らが家に給料を持ってきていると信じなければなりません。 2008年の崩壊以来、業界の肺の最初の浅い息が「サーフ業界」に対する比類のない皮肉の10年を開始したので、歴史はQuikとその後のブランドの立ち上げからの彼らの出発を示します。

そしてもちろん、「サーフ」とは見なされないブランドである非固有種の会話は常にあります。 30秒のスポットで高級SUVホイールの後ろにミックファニングとジュリアンウィルソンを見つけるそれらの生意気な「大使」の役割?スレーター、レイノルズなどは独自の帝国を築こうと試みましたが、彼らの資本家ツアー仲間はそれ以上のものを持っています 踊った 企業の悪魔と。参照:ガブリエルメディーナの剃った穴。その古いことわざは何ですか?

私たちが彼の首に足を置いている限り、世界は悪魔がそこにいることですべて豊かです。

お金を取らせてあげましょう。楽しみましょう。

サーフィンのトップ獲得者であるStab’s Rich List2017の1年は次のようになりました。

ジョン・ジョン・フローレンスのように忠実なファン層には代償が伴います。スポンサーがハワイアンの連続した世界タイトルのコートテールに乗るために、JJFは毎年6つのレンガを集めています。

1.ジョン・フローレンス

目を閉じて。何か想像してほしい。シーンは、澄んだ青い外洋のシーンで始まり、白い帽子をかぶった地面のうねりが上下し、明るい白いカタマランが顔を激しく切り裂き、ロビンリーチの英国のバリトンが語ります…

「2度の世界チャンピオンであるジョンジョンフローレンスにとって、ハワイ諸島は彼の遊び場であり、彼のビーチフロントのノースショアの住居の1つから打ち上げられた、彼の便利なカタマランへの単なるホップ、スキップ、ジャンプであり、若いスターはすでに多くの音を出している彼が集めた小さな財産への投資…」

プロのサーフィンはすべての業界の国際的なトレンドに追随しているため、サーフィンの文化的および経済的資本の急進的な変化は、今年もサーフィンの最優秀で最も裕福な名前であるジョン・ジョン・フローレンス氏のラップにしっかりと着陸し、ライオンのシェアを獲得しました。などなど。

ハーレーとの8年間の契約から1年後、ジョンの年俸はやや控えめかもしれませんが、このホリデーシーズンに彼が享受する100万ドルの世界タイトルボーナスは、一般的で、非常にうらやましい知識です。

ジョン・ジョン・フローレンスの人生は、外から見ようとすると、歴史上のプロサーファーと同じように封鎖されています。彼の最もカジュアルに見える大衆の動きは、一見よく考えられ、計算され、徹底的かつ戦略的に文書化されています。噂によると、ジョンは2年間フードランドに行っていません。日常生活の日常業務は、ハンドラー、コーチ、JohnTourageのメンバーが担当しています。キャンプジョンジョンの運用コストは、年間600万ドルに過ぎないことは注目に値します。曳航された誰の父親も、餌を与える口がたくさんあります。ロスウィリアムズは、寝袋を詰めてCJJに向けて出発する前に、堅実なWSL契約から離れました。誰が給与計算に参加しているかを見ると、ジョンは1ミル近くの償却を検討する必要があります。

合計収益が5,692,500ドルのハーレーの数ミルの年間パッケージは、スタンスソックス、フューチャーズフィン(ジョンジョンフローレンスモデルのフィンがベストセラーのリストのトップにしっかりと位置している)、ニクソン、ピゼルの小さなアレンジメントによって補完されています。ジョンの年間収益は2017年に一気に落ち込み、モンスターとのパートナーシップが解消されたことで、クールな30万ドルが途方に暮れました。

ニューエコノミーの時代には、勝者がすべてを取ります。ゴールデン時代の最高の牛が毎年放牧されているため、ジョン・ジョン・フローレンスはサーフィンのドル箱として数年間かなり座っています。

スポンサー:Hurley、Stance、Futures、Nixon、Dakine、Pyzelのサーフボード。

裏書:$ 5,370,000

賞金:322,500ドル

ブラジルの嵐はまだサーフマーケットに殺到していないかもしれませんが、それは確かに満潮線に向かって忍び寄っています。リッチリストの次点者であるガブリエルメディーナと、自分のスタイルが好きかどうかにかかわらず、たわごとをしない、うんざりしていない、非現実的なサーフファンでいっぱいの1つのひどい誇り高い国の経済的な製品。

2.ガブリエル・メディナ。

今では、最も頑固なウォールフラワーでさえ、サーフィンの世界でその暗いボッサノヴァに着実にバンプバンプをぶつけさせています。ブラジルが現在も今後も続く巨大な経済力の証拠を見るには、今年のリッチリスト準優勝、サーフィンの最後から2番目のプレイボーイ、そして無意識のダークナイトであるガブリエルメディーナをご覧ください。

2017年:視聴者と影響力は通貨であり、暗号通貨について話しているのではありません。 Gabrielの570万人のInstagramフォロワーをKellySlaterの2.1百万人に連れて行ってください。

そのような広大なソーシャルメディアのリーチは、非固有種の大金を意味します。ギャビーは、半定期的なコパトーンスプリッツを投稿するために40万ドルを引き下げます。ブラジルの携帯電話大手Oiは、ボードにステッカーを叩き、数日間プロモーションを撮影したことで、さらに70万ドルを蹴りました。

彼のリップカール契約の詳細は鍵と鍵を握っていますが、クイックシルバーが引っ掛かりを探しているという噂を思い出した後、それはブラジルの嵐のエネルギーと熱意をブラジルのブランドの忠誠心に投げ縄で投げ縄するリップカールの方法であると言っても過言ではありません彼らの国際的な装飾品の1つとしてのギャビー。 「…デイン・レイノルズを失った後」とスタブは昨年報告した。 「QuikはGabsに320万ドルを提供しました。しかし、それは新しいマネージャーによるものだったので、彼はリップカールにとどまることに決めました。マネージャーから「ニューディール」として受け取った手数料は、リップカールにとどまるより多くのお金を稼ぐことを意味したからです。 Gabsは、自分がQuikのマーキーサーファーになることを知っていましたが、Curlにとどまり、MickFanningの影にとどまることにしました。」

賞金は37万5000ドルで、アウディとの契約は覆い隠されており、ガブリエルは昨年4レンガ強を積み上げ、2018年にはさらにワールドタイトルボーナスを追加する予定です。

スポンサー:リップカール、FCS、大井、コパトーン、カビアンカサーフボード(プカス)、ガラナ、アウディ。

裏書:$ 3,665,000

賞金:$ 374,750

3.ミック・ファニング。

私たちがむしろ、ええと、 困惑 ミック・ファニングが今年サーファー世論調査のトップ10から脱落するのを見ると、彼の規律ある労働倫理と多様なポートフォリオが彼をサーフゲームのトップ5のトップ獲得者に見せるのは当然のことです。

ミック・ファニングはプロであり、ゲームで最も勤勉な男と広く見なされています。彼は彼の競争力のあるサーフィンにアプローチするのと同じ方法で彼の商取引にアプローチします。彼は準備され、組織化され、すべてを提供します。今年、彼はメルセデスと契約を結び、彼らの豪華で頑丈なトラックラインを推進しました。これ以上完璧な組み合わせは存在しませんでした。ミック・ファニングとの約束をしましたか?ミックは毎回時間通りにそこにいます。彼。します。そうではありません。お嬢。

かつていたずらが一重項から彼の最善を尽くしたかもしれないところ、ミックは今新しいルールを持っています。ツアー中、ツアー外:彼はミックです クソ ファニング。事業の機会を得ましたか?ミックは愚か者に苦しむことはありません。あなたは25万ドルを必要とします、さもなければあなたは彼に会社の一部を与えています。

ミックのコマーシャルストーリーは十分に文書化されています。彼の新しいソフトボードは今年発売され、彼は長年のスポンサーであるCreatures ofLeisureのパートナーになりました。しかし、ミックはスポンサーとの契約に完璧で微妙な条項が書かれているため、非常にうまく活用しています。リップカールは靴とサングラスを作ります。ミックはドラゴンとリーフを着ています。彼はビールのブランドを所有することができ、それは彼のレッドブルのスポンサーシップを妨げることはありません。ミックだから クソ ファニング。

来年のベルズでのリップカールプロは彼の最後であると噂されており、彼の競争力のある未来は空中に浮かんでいます。しかし、今年はリップカールが大金を稼ぎ、ミックのうるう年のアフリカのスコアがケリーズウェーブの発表以来最も話題になったクリップを生み出しました。ミック・ファニングの公的なプロとしてのキャリアが何年も残っていることは間違いありません。

スポンサー:リップカール、レッドブル、スカルキャンディー、ドラゴン、FCS、リーフ、メルセデス、クリーチャーズ、バルター、DHD。

裏書:$ 2,900,000

賞金:$ 150,000

年間300万ドルの恥ずかしがり屋で、JordySmithは2017年のリッチリストで4位になりました。

4.ジョーディ・スミス。

世界タイトルでの晩秋のランが不足した後、ジョーディ・スミスは健康的な慰めの賞を楽しむことができます。今年のツアーでの彼のパフォーマンスに対する彼の80万ドルのボーナスは、ジョーディの契約の一部であり、サーフブランドのマーケティング予算。

ガブリエルがブラジルの外れ値であり、ミックが数百万ドルのワールドツアーサーファーの第一世代の最後の残りであるため、ジョーディスミスのマーキス契約は、彼の世代の仲間であるJJFの契約とは明らかに対照的ですが、ジョーディのプレミアと言われていますステッカースポンサーは彼を100万弱で手に入れました。

JordyのO’Neill契約はまもなく終了します。言葉は、長年のタイトルの脅威に関するオニールの再アップです。

南アフリカのブルーザーは、サンクレメンテのloc-dawgを補足的なサポートのために傷つけないようにしました。オークリーとの6桁の契約は、コロナ、ジープ、ブランドブラックに似ていますが、サイズ13が砂に当たるたびに、大きな白いレッドブルのキャップを着用することで得られる半ミル近くは言うまでもありません。年間300万ドルの恥ずかしがり屋で、JordySmithは2017年のリッチリストで4位になりました。


スポンサー:オニール、レッドブル、フューチャーズ、トレース、オークリー、ベスタル、ネフ、チャンネル諸島、コロナ、ジープ、ブランドブラック。

裏書:$ 2,440,000

賞金:284,250ドル

ウィルソンとベイビーママのアシュリーO、アルマーニで美味しく、服装に合う銀行口座を持っています。

5.ジュリアン・ウィルソン

効果的で、非常に好感が持てる、高性能のオーストラリアのスターレットは5位にスライドしますが、ステッカースポンサーからミルプラスを集めている数少ない珍しいものの中にまだ数えられています。ハーレーは毎年、驚異的なジュリアンのフリーサーフ編集に加えて、時折花火といくつかの苛立たしい欠点を特徴とする安定したモダンな競争力のあるパフォーマンスに頼ることができます。

ジュリアンは、すべての条件の便利屋であるだけでなく、非常にひどいハンサムな男であり、どのブランドでも可能性を秘めている顔であるという利点を享受しています(ジュールの真剣に深い6桁のメルセデス取引を参照してください!)。レッドブル、オークリー、JSサーフボード、サンバム、FCSから健康的なカットが届き、賞金は30万ドルもありません。ジュリアンは、彼と彼の女性の次の天才がよく食べることを知って、安らかに眠ることができます。

スポンサー:Hurley、Red Bull、Sunbum、Mercedes、Oakley、JS Surfboards、FCS

裏書:$ 2,125,000

賞金:$ 282,250

カリフォルニアの国際的なシーンで最も収益の高いプロ、コロヘアンディーノ。

6.コロヘ・アンディーノ。

それでも間違いなくワールドツアーで最も注目を集めているカリフォルニアの顔(グリフが王位に就く予定ですが)、ブラザーは6位でロールインします 刺すのリッチリストは、10年以上の年間契約を巡航しており、サーフィン業界の栄光への道が金、空、雲ひとつない、明るい青で舗装されたとき、彼の途方もなく賢い、または途方もなく幸運な経営者が彼を閉じ込めました…

しかし、業界で見られる悪天候が吹き荒れる中、Andinoは、より謙虚で集中的な雰囲気、悪天候用の装備、そして少しの間、かなりのカモフラージュを求めて、なめらかな、コックシュアな南カリフォルニアの態度を落としました。 。しかし、彼の財政に関する限り、コロヘは、2017年にメイヘムのデッキにターゲットブルズアイがなく、サンクレメンテの銀行口座に甘くて甘い非風土病のドルがあったにもかかわらず、目の前には滑らかな海しかありませんでした。裏書が200万ドルの恥ずかしがり屋であるため、ブラザーの20万ドルの賞金は、今日のカリフォルニアで最も高い給料のサーファーであるマークを超えています。

スポンサー:ハーレー、レッドブル、FCS、メイヘム、オークリー

裏書:$ 1,850,000

賞金:$ 203,250

ハーパーズバザーに見られるように、サーフィンの第一人者。

ニコガリス/ハーパーズバザー。

7.ステファニー・ギルモア。

わずか170万ドルの恥ずかしがり屋で、ステファニーギルモア グライド ほとんど男性の億万長者の私たちの部屋に、絹のような長いまたは少し黒いように明るいネオプレンで彼女のダンスを見るのが難しいほど首をかしげています。

売上高が最も高い女性であるステファニーの一年生植物は、成長率が最も高い男性の3分の1未満であり、ステフの市場性のある人だけが閉じることができる男女格差です。

彼女がツアーで再びスキンを収集し、今年の賞金で25万ドルを獲得したことを嬉しく思いますが、ニコンとオーストラリアの健康との契約にもかかわらず、彼女はまだ彼女の幅広い価値と魅力の表面をすくい取っただけだと思いますウェルネスグループのSanitarium(Stephの2017 Sanitarium Weet-Bix Kids TRYathlonシリーズを参照)は確かにその可能性を物語っています。

色気と本物のキャラクターに半分目を向けた非風土病のマーケティングワグは、ステフにロゴを叩くために自分自身につまずく必要があります。私たちを信じてください、私たちは噛みます。

主催:ロキシー、サニタリウム、ニコン、DHD

裏書:$ 1,400,000

賞金:$ 242,125

8.フィリペトレド。

火の目で見たブラジル人で誇り高いサンクレメンテ郊外の2人の父親、フィリペトレドは、スタブのリッチリストで8位にランクインしています。

While details of his Hurley contract are murkey, those close to the camp report Filipe’s various contracts with Hurley, Oi, Jeep, Panasonic, Stance, and longtime board builder Sharp Eye adds up to just over $1.3m, nothing to scoff at, but nothing compared to what the spring-heeled flyboy could be making if he could patch the holes in his heavy wave game and go on a tear like we’ve seen him do before.

Will Filipe make us all look silly in 2018 and climb straight over the pack’s backs? Did you see what he did at JBay and Surf Ranch? Come on… 2018 will almost certainly be a $2.5m payday for Filipe.

Sponsors: Hurley, Oi, Jeep, Sharp Eye, Panasonic, Stance

Endorsements: $1,300,00

Prizemoney: $303,000

9: Leo Fioravanti:

Our collab with Quik was done in good fun, the Bond rip low hanging fruit, but didn’t Leo look divine picking it? The young Italian slips into the Rich List for 2017 despite not requalifying for the 2018 World Tour, sent packing his Gucci gloveleather duffels for the ‘QS next year. But, as Kelly Slater told Stab, “Bummed for Leo. He’ll be fine, though.”

Kelly’s stoicism toward the handsome European regularfoot he called a teammate when Leo was just barely a teen isn’t a platitudinal dust-off.

With endorsements coming in at just under a mil, and winnings pushing him over the seven-figure mark, we’re pretty sure Leo’s going to enjoy the New Year in style, drink well and thoroughly in the company of European’s finest champagne flutes, knowing next year he gets to continue galavanting around the world… maybe not the Dream Tour, but there are worse ways to spend a year of your twenties, and we’re sure Roby D’Amico, Aritz Aranburu, Gony Zubizaretta, and the rest of the WQS’ European squad will take great care of him. The World Tour ain’t seen the last from Leo Fioravanti, Rocky analogies need not be applied.

Sponsors: Quiksilver, Red Bull, Smith, Gucci

Endorsements: $925,000

Prizemoney: $127,000

10. Carissa Moore

Has there ever been anyone as wildly likable as Carissa Moore? Hers is an empire built on a gee shucks shrug, supreme sportsmanship and a saccharine smile.

One can only imagine the supreme value Moore brings to the table to Hurley, who are betting the bank that she’ll inspire throngs of tiny coastal preteens into the water, a million tiny Hurley wetsuits bobbing in lineups near you.

Combine Moore’s six-figure deals with Red Bull and Subaru (of course), with the cheddar she cut off the WSL wheel this year in prize winnings, and Moore earned over a cool mil, landing her just inside the top-10 on Stab‘s Rich List.

Sponsors: Hurley, Red Bull, Subaru, Mayhem

Endorsements: $806,000

Prizemoney: $194,750

Surfing’s all-conditions, all-boards household name, Kai Lenny.

11. Kai Lenny

The heir to the Renaissance Man throne long occupied by Laird Hamilton’s broad shoulders and meaty pelvis, Hawaiian Kai Lenny can count himself amongst the most broadly celebrated and well-paid men to ever scrape a living playing with toys in the ocean. And Kai’s got a lot of toys. Just at Jaws alone the kids got chops paddling, towing, foiling, kiting, and SUPing some of the heaviest waves of the last few seasons, all of which just happened to have been, by all accounts, historic.

Perhaps foilboarding’s foremost evangelist, Lenny’s captured the surf world’s imagination, and made believers out of more than a few of the World Tour’s best, while the sudden presence of foil boards in lineups the world over can be laid firmly on Kai’s thoroughly conditioned shoulders.

While his annual salary from Hurley pales in comparison to teamates John Florence, Filipe Toledo, and even Kolohe Andino, some would put Kai’s presence next to a few of those World Tour names and wonder where Hurley’s money is being spent best. With his first profile film in the bag, and the huddled masses yearning for validation of the most novel of ocean practices, Kai’s marketability is as bottomless as his talent.

Sponsors: Hurley, Tag. Naish, Red Bull

Endorsements: $1,000,000

A thoroughly broken foot at J Bay may keep Kelly’s competitive successes to a minimum, but it’ll take more than a late career injury to knock Kelly Slater out of the running for highest earners in the surf game. And we doubt that’s changing anytime.

12. *Omission Admission* Kelly Slater.

With many a success story swirling, the entrepreneur is lauded in the modern day. But, let’s not mince words—an entrepreneur is a salesman. You sacrifice a salary to convince friends and your critics your new business is worth investing in, getting behind, caring about…

And, it’s mostly your own money on the line. Kelly Slater has been busy creating a different kind of legacy, his paws in all sorts of honeypot ventures these days. But Slater’s realistic about his time, puts the right people in place so that he remains mostly hands-off day-to-day. Rumours abound it’s often other people’s money being thrown around leveraging his name, Kelly’s smart in occassionally giving up equity while not jeopardizing long-term wealth.

Which is to say his annual income’s hazy to say the least.

With investments in everything from the WSL and Kelly Slater Wave Co. standing on the precipice of surfing’s new age, Kelly’s got plenty riding on the next few years of competitive surfing, regardless of whether he ever dons a singlet or not. The Purps project seems to have settled in (Stab’s founder hardly operates without one these days). Outerknown’s hit a steady and sustainable stride…

If Kelly’s annual net income from his endeavors places him on the list, lines get blurred around what consists of income from professional surfing and what’s income from just running your own business or making investments, etc. etc. in which case there’s a lot of rich surfers out there, some of whom surf very well indeed. Which, we digress…

Freshly-minted professional surfers have typically been targets for shady investors. Many have torched significant parts of their wealth. Kelly has certainly flipped that script. Bravo, Mr Slater.


The Stab Rich List (2016 Edition)

Meet the highest paid surfers in the world.

When you’re on top you’re earning. While the pay gap in surfing is considerable, the cheques of the premiere ladies and gentlemen might surprise. A money-wise, skilled surfer can pull in upward of a few mill a year. Which is pretty cushy when you consider they spend their time travelling the world in search of the highest quality waves. These are the one percent who never listened to the old surfing will leave you bankrupt riff。 Without further ado, let’s get to the numbers:

1. John John Florence.
2016 was John John’s year, from The Eddie win to the world title to the triple crown. John’s profits align with his competitive success – JJF is the highest paid surfer in the world, earning what equates to an astronomical $700 an hour. What you might find interesting is that this is the first time in over 10 years since Kelly Slater that the world champ has owned the biggest pay cheque in the world. Before John’s almost-$4m-a-year deal with Hurley, the largest contract was Dane Reynolds’ $3.5m deal with Quiksilver, who peaked competitively at fourth in the world in 2010.

John is Hurley’s first male world champ, who also picks up the standard world title million dollar bonus. Well, standard if you ride for any of the big surf co’s (last year, Adriano didn’t get the big bonus from Hawaiian Dreams, who own the space on his nose).

John has a smaller energy drink deal, because his hat is owned (entirely) by Hurley, it’s not co-branded with Monster. Energy drinks live and die by the hat but this was a non-negotiable for Hurley. And, for a guy like John, the most precious commodity for him is time. The less obligations he has, the better. Less cash and more time for surfing? Of course, said John.

Nixon’s team is an interesting study. The team all have to agree on new signings and they’re all paid the same amount. Obviously, some get more funding for projects and trips but the base salary is the same. John picked up $406k in prize money on top of his $75k for winning the Eddie and a further WSL world title bonus of $150k. John also rolls with Nike as his unofficial footwear sponsor because Hurley is owned by Nike. He wears no stickers, however.

John signed with DaKine for 2017 so next year he’ll be earning a touch more than his 700 bones an hour, even while he sleeps.

Sponsors: Hurley, Spy, Stance, Monster, Futures, Nixon and Pyzel surfboards.
2016 prize money: $631k
Total earnings: circa $6.1m

The story goes that when Rip Curl ask Gabs what he wants in his signature boardshort, he says he wants his trunks to just look gangster. We’d love to see a Gabs short that reflects his personality: Gloss black panelling against matt black mesh, with gold chains dripping off the pocket and sections around the waistband. This would look mental in the tube at Teahupoo or eight feet in the air over Rio.

2. Gabriel Medina
There aren’t too many marketing strategies in the world not interested in social media following, and Gabriel Medina sits atop the pro surfing pile with an unfathomable 5m. This almost triples the following of world-class Instagramer and 11-time world champ, Kelly Slater. Gabs has achieved national hero status in Brazil (and is lauded across the world, for that matter) and is a highly-desirable ambassador. Brazilians aren’t as precious as Australians or Americans when it comes to loading up their boards with sponsor stickers or “selling out”, and Gabs makes hay while the vitamin D shines. Gabs board is Nascar status, repping everyone from Guarana Soda to Telcos. You might remember rumours that Gabs was approached by Quiksilver at the end of 2015 when Quik had deep pockets after the loss of Dane Reynolds. Quik offered Gabs $3.2m but because it was through a new manager, he decided to stay with Rip Curl because the commission taken from the manager as “a new deal” meant that he’d make more money staying with Rip Curl. Even though Gabs knew he’d be the marquee surfer for Quik, he opted to stay with the Curl, and remain in Mick Fanning’s shadow.

And, while he does well with the surf brands, it’s the best Brazilian surfer of all time’s non-endemic earnings that significantly build his annual income. Stab has learned that his deals from Oi, Guarani and Coppertone are all worth around $750k each.

Sponsors: Rip Curl, Coppertone, Mitsubishi, Oi, Oakley, Samsung Galaxy, Guarana Soda, FCS and Pukas surfboards.
Prize money: $282k
Total earnings: circa $5.5m

3. Jordy Smith.
Jordy Smith’s year ended with him knocking Gabriel Medina out of second in the world spot at Pipe which meant for a major payday from his marquee sponsors. Podium finishes are the money and this is the second time Jordy has finished just shy of a world title (he finished second to Kelly in 2010). The San Clemente-based South African scored almost a million dollars in incentives from Red Bull and O’Neill on top of his O’Neill base salary of around $1m. His pay cheque is all about the big-monied sponsorships as his subsidiary sponsors collectively bring in around $500k.

Like most surfers, Jordy is taking a long-term view and is trying to take ownership in new brands. He recently signed with Trace, the surfing GPS tech company. He takes equity in the brand, meaning he forfeits a salary and takes a holding in the company. Jordy also signed recently with a non-surf footwear company, Brand Black.

Jordy’s O’Neill contract negotiation will be up soon for his 2018 contract and he is firm believer he can get a world title. His contest performance this year will seriously help these conversations around salary. A very close follower of the world tour, who preferred to speak anonymously, said this of Jordy: “This guy should be world champ, without question. The guy is 6 fucking 3! Have you the size of this guy’s legs? He should be walking around the contest area growling at people. His turns are the biggest turns on tour. I don’t think people have any idea how fucking good this guy is. He needs to be an intimidating force and guys would just melt in front of him.”

Sponsors: O’Neill, Futures, Red Bull, Trace, Oakley, Vestal, Neff, Channel Islands, Brand Black.
Prize money: $272k
Total earnings: circa $3m

4. Mick Fanning
Mick Fanning is the second most famous surfer in the world (to Kelly Slater). Well, before the shark deal in 2015… however, Mick has been a man who sells product. From open-toe footwear to fins and wetsuits, an investment in Mick provides a clear ROI.

We’ve missed Mick Fanning on the back end of the tour this year, as he took some personal time off. You’ll be relieved to know that despite his appearances around the world without a jersey, his bank account was still topped up nicely each month by his sponsors. His major deal with Rip Curl nets him around $1.5m a year, he has a very solid energy drink deal and is lucky to have varied ancillary sponsors that return him around three-quarters of a million a year.

What you don’t know about Mick is this: he is the list’s most philanthropic. Despite it being kept from the public eye, Mick is very generous, and his financial assistance is far-reaching across the world. He is very quiet about his efforts, but he supported a family in South Africa for a very long time.

Balter Beer isn’t noted as a sponsor because that’s an investment into his own brand and this will take some time before it’s putting money back in Mick’s pockets rather than taking cash out of it.

Sponsors: Rip Curl, Red Bull, Skullcandy, FCS, Dragon, Reef, DHD, Creatures of Leisure, Audi.
Prize money: $162k
Total earnings: circa $2.8m

This is the blueprint for hustle. Red Bull own the hat and nose, Hurley a little further south and four Target stickers featured somewhere on the board in one of the most impressive deals ever crafted. Five years ago he was taunted for being a hipster. Now he sits easily inside the top five like he’s always been there.

5. Kolohe Andino
A small round of applause is due for the management of Kolohe Andino, who put together a string of long-term deals when the surf industry sun was shining bright. As clouds began to appear, Kolohe still had nine years left on his 10-year deal with Nike which later transferred to Hurley. Like most marquee sponsors, the big money is focussed on contest performance. Kolohe’s base salary sat around $1m for the 1- years but another genius part of Kolohe’s management meant that the prime real estate of the nose isn’t owned by Hurley, but rather, Red Bull. And, remember what we said about the hat earlier? Yup, Red Bull paid for the hat as well. That meant Kolohe was copping major apparel-type money for his energy drink sponsor, north of $500k a year with major performance bonuses as well. And, the final masterstroke of this deal was aligning with Target. Many people have struggled to get their head around this deal but it’s quite simple: it’s essentially a surf shop sponsor. No product sponsor per se, but Kolohe acts as an ambassador. But, a wildly super-sized surf shop sponsor that means four stickers on the board in total and around $400k a year. Along with Carissa Moore, who also rides for Target, their contracts with surfers will not be renewed in 2017.

Sponsors: Hurley, Red Bull, Target, Oakley, Skullcandy, FCS, Neff and Mayhem.
2016 prize money: $208k
Total earnings: circa $2.6m

Julian on last year’s Stab in the Dark in Western Australia. What makes Jules so valuable – besides being a clotheshorse who makes product just look… better – is his ability to ride any kind of wave. His surfing and make-rate on this Stab In The Dark trip in sub-par conditions was some of the best surfing we’d ever witnessed.

6. Julian Wilson
Julian Wilson is the guy who ticks all the boxes for marketing managers. He’s a former Pipe Master whose repertoire (and skin) is flawless. He has the model girlfriend, doesn’t have a weakness in his surfing and is liked by females in equal dose as males. He sits in that old cliché of guys wanna be him, girls wanna be with him. For this reason, he’s always been a serious moneymaker – and for a long time. Jules is a slightly older Australian version of Kolohe Andino – a prodigy who had the future world champion conversation spurring before he hit the tour. Based off raw talent, he should never fall short of the top 10 finish on the world tour. He’s a company’s golden boy, he’s got the looks, the skill, the girl and serves as a complement to whatever surrounds him. He also somehow manages to avoid criticism and drama. He remains in the limelight without negative press, which makes him a solid investment. His life is so good and all he’s missing is a world title which may, like Taj Burrow, forever evade him.

Sponsors: Hurley, Red Bull, Oakley, JS, FCS, Sunbum.
Prize money: $183k
Total earnings: circa $2.3m

7. Filipe Toledo
Filipe reaped the rewards of a brilliantly-surfed 2015, where he took three world tour victories and finished fourth on the CT. A lot of world tour surfers, especially from the Hurley camp, are paid the following year for what they achieved the year prior. Filipe was paid for finishing fourth in the world in 2016 and next year he’ll earn a salary based on his 10th-place finish this year. Filipe’s base contract has him below $500k but with a good finishing inside the top five, like 2015, he can double that amount. When it comes to sponsors though, it’s not always about the take-home pay and deals come with incentives that aren’t always distinguished. How do you put a financial value on two Jeeps a year, like what’s written into Filipe’s contract with the car company? Or, having a new Jeep waiting for him drive at every stop on tour? Or having a house and immigration organised for you and your family in the pro surfing capital of the world, San Clemente? As an aside: Three of the 10 big earners on this list all call San Clemente home.

At 21, Filipe is youngest on the list but as his big wave game and his world tour position continue to climb, so will his income.

Sponsors: Hurley/Nike, Monster, Oi, GoPro, Oakley, Jeep, Sharp Eye, Sunbum, Stance
Prize money: $138,500
Total earnings: circa $1.6m

You can’t talk about Steph Gilmore without mentioning her style. Whether it’s on a clean wall in Mex, pairing a white one-piece with a single fin in Fiji or in a Los Angeles bar pulling off her own version of surf style in ripped-up denim shorts, rock tee and Cons, Steph always puts it together.

Shot for Roxy x Courrèges Collection

8. Steph Gilmore
Oh, Steph! The five-time world champ dazzled us again when she won the Pipe Invitational, but prior to that contest victories were in her rear-view mirror. Regardless, she was meant to stand gracefully on a surfboard and because of this, she’s the world’s biggest female surf earner.

Back in 2014, Steph made Business Review Weekly’s Top 50 earners in Australian sport at $1.75m, where she was the highest paid female athlete in the country. Interestingly, Steph is from Snapper Rocks, where two more of the top 10 earners list also reside: Jack Freestone and Mick Fanning.

Sponsors: Roxy, Nikon, Sanitarium, Ford, DHD surfboards.
Prize money: $130k
Total earnings: circa $1.4m

A few years back, Stab flew a troupe of photogs and stylists to Hawaii to do one of our sexy pro surfer shoots with Riss. The results were amazing and we were excited to show the world. She later hit us and said she wasn’t feeling it. She iced the shoot because she wanted people to remember her for her surfing. We rated her conviction.

9. Carissa Moore
Carissa Moore was always going to be a superstar. When she finished second in the 2007 Roxy Pro on the Gold Coast as a 14-year-old wildcard, there was only one way she was headed: Up. When Nike entered the world of surf, she was the female face of the brand along with males Julian Wilson and Kolohe Andino. When Nike shifted focus from surf and transferred its surf team to Hurley, Riss moved seamlessly as well. While Riss represented everything that performance-focused Nike was looking for, within a few months, Riss made Hurley look like a place she’d always been. She took Hurley to the podium and despite the size and budget of their team, she was their only world champ until John John joined that club in November.

Riss’ deals are very similar to Kolohe’s but on a slightly smaller scale. Both share the same surfboard sponsor (Mayhem), Red Bull owns the nose of the surfboard along with headwear and the Hurley sticker features down the board a touch. Also similar to Kolohe, Riss rides for Target for another week until their deals expire on December 31.

At 24, she already holds three world titles, but you just know that under the nice-girl demeanour she has her sights set on breaking Steph’s five and then Layne’s seven title record.

Sponsors: Hurley, Red Bull, Target, Mayhem
Prize money: $230k
Total earnings: circa $1.12m

The new sound of Coolangatta on the world tour. Jack Freestone is very different to Mick and Joel but he’s the contemporary version of the GC world tour surfer. We expect big moves in 2017.

10. Jack Freestone
When Jack Freestone negotiated his 2016 package with his major sponsor, Billabong, no one expected that he’d only win seven heats and almost fall off tour. Jack was hitting the world tour with big expectations and dragged cash from the contracts of Taj Burrow and Joel Parkinson. But, rookie years are never easy and Jack is one of a long list of much-hyped surfers before hitting the tour. 2017 will certainly see him find the form lots have predicted. On the sponsor front, he banks not quite three-quarters of a million from his major sponsor, Billabong. He forfeits income from Epokhe and Villager, since he takes small stakes in each brand. Along with a group of surfers and skaters, Jack left Rockstar to join the coconut water start-up Villager this year, along with his girl Alana Blanchard.

Sponsors: Billabong, Epohke, SDS, Futures, Nixon, Modom, Villager.
Prize money: $125k
Total earnings: circa $1m

Please note all figures are earnings before tax, manager’s commission, travel, coaches, trainers, accountants, lawyers and many other various expenses.

World tour surfer’s earnings far surpass the earnings of freesurfers or big-wave surfers…

…however, Stab’s prediction is that we’ll see all-round water dude Kai Lenny make the Rich List in 2017, or at very worst, 2018. He transcends surfing disciplines and is one of the most unique and sought-after gents in surfing right now.

Female world champ Tyler Wright earned almost as much prize money as John Florence ($400,500 to Tyler compared to John’s $406k) and the same $150k WSL World Title bonus as John, however, Tyler fails to make this year’s Rich List due to sponsorship income.

Dane Reynolds fell from the Rich List this year, as did Taj Burrow and Joel Parkinson.

Surfers holding stock in St Archer who were acquired by MillerCoors were excluded from this list because the transaction occurred in September 2015, despite them receiving their payouts in 2016. Laura Enever, Taylor Knox and Dusty Payne all received significant income boosts this year that means they’d likely make the list. However, it was on-paper earning for 2015 and was left out.

*Kelly Slater’s income is a more difficult one to understand and despite making assumptions that his earnings would have him finish well within the cutoff of this list, he’s been omitted due to a lack of transparency. This year he made income from GoPro, Chia Seeds, PB Teen and of course, prize money of $231k, but along with still chasing world titles and contest victories, he’s remained on his entrepreneurial mission to create sustainable businesses. However, we all know he no longer has Quiksilver or Channel Islands cheques coming in. He has recently acquired a surfboard company (Firewire), started a clothing brand with fashion giant Kering (OuterKnown), started an energy drink company (Purps), designed the world’s most perfect artificial wave (KS Wave Co) and is even rumoured to have equity in the WSL.


ビデオを見る: BREAKTHROUGHブレイクスルー 限界突破に挑むアスリートたち プロサーファー 松田詩野


コメント:

  1. Kajizahn

    私はここでそれを知りません、そして私たちはできると言います

  2. Disho

    申し訳ありませんが、それは私次第ではありません。

  3. Deems

    Thanks for the interesting article. I will wait for new announcements.

  4. Abhimanyu

    おそらく、私は彼の言葉に同意します



メッセージを書く


前の記事

フィンランドで飲むことを学んだ27の兆候

次の記事

英語の恥ずかしさと日本の涼しさについて